設立20周年【無料セミナー】「マンデラ・ルールで日本と世界の刑務所を変えよう!」

 
日付:  2015-11-28
 

国連の被収容者最低基準規則(SMR)が大幅改訂されます。
この改訂版は、不条理で苛酷な長期投獄に屈することなく、南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラ氏に敬意を表して「マンデラ・ルール」と名付けられました。

5年に1 度開かれている国連犯罪防止会議は、次回は2020 年に日本での開催が決定しました。
マンデラ・ルールの国内実施と共に、日本と世界の刑務所の実態が改めて問われます。

監獄人権センターは設立20 周年のセミナーとして、この改訂作業を、NGO の立場から積極的に押し進めてきたピナル・リフォーム・インターナショナルのアンドレア・ヒューバーさんをお招きしました。
どなたでも参加できます。

日時:2015年11月28日(土)14:00~16:30(開場13:30)

場所:伊藤塾法学館(東京都渋谷区桜丘町17-5)
   渋谷駅(JR・東京メトロ・東急線・京王井の頭線)から徒歩4分

内容:アンドレア・ヒューバー氏(ピナル・リフォーム・インターナショナル政策ディレクター)による講演・ディスカッション
   通訳(逐次)あり

参加費:無料

申し込み:事前申込歓迎(メールかFAX)・当日会場受付でも申込可
メール:cpr@cpr.jca.apc.org
FAX:03-5379-5055

PDFチラシダウンロード

ページのトップへ